多種類の厚紙を必要とする場所とはどこか

厚紙の定義は紙すきの段階で、より多くの紙を重ねて作られたものです。しかし子供の頃によく使った画用紙は単層構造となっていますが、厚紙の部類に入ります。わかりやすく定義すればコピー用紙は洋紙、もしくは薄紙といい、それよりも厚みがあり丈夫な紙は厚紙もしくはボール紙と呼ぶようです。厚紙の使い方はさまざまです。絵を描く、立体的な作品を作るという芸術の面だけでなく、チラシ、招待状、はがき、お品書き、シャツの形を維持するための支え、箱、段ボール、本、紙コップと、少し見渡すだけでもこれだけのものが存在します。そして最も多種類の紙を取り扱っているのは、やはり印刷屋さんと紙加工屋さんです。あらゆる紙を加工し、あらゆる形に変えていきます。そしてより多くの種類の紙を持っているのは製紙工場です。

厚紙の種類は色々あるが身近に存在する

誰もが触る厚紙の種類として、ミルクカートン用紙があります。その名の通り、牛乳パックです。画用紙、ケント紙は画材として非常によく使われます。絵具やインク、マジックの塗料が定着しやすく、下にしみだして溶けることもないです。また厚手なので、鉛筆や消しゴムでこすっても削れたり破れたりすることもないです。画用紙とケント紙の違いは、その加工方法です。ケント紙は表面が滑らかな紙となっていて、消しゴムをかけて、鉛筆跡がついたり、紙自体が毛羽立つことがないものです。製図に用いられることも多いです。もちろん絵を描く事にもつかわれます。また上質紙という種類の紙もあります。これが最も多く目にする種類だと思います。チラシや雑誌、ノートや、漫画用原稿用紙が代表的なものです。コットン紙と呼ばれる種類のものは空気を含んだ柔らかな紙であり、その名の通りコットンを配合されていて招待状に多く利用されています。

厚紙の印刷の種類でわかりやすいのは写真印刷

コピー用紙に絵具を落とすと定着しにくく紙がふやけることがあります。このようにインクや印刷方法と紙には相性があります。これは紙を作る工程での材質や加工方法が理由です。紙の表面を加工して印刷を美しくする、もっともわかり易い技術は写真です。写真単体でみると分かりづらいですが、家電製品屋さんのプリンター売り場で、各社の紙を使用して印刷をしている写真を見比べてみると、なんとなく違いがわかります。テレビの画面の好み同様に、こちらも好みですので、良し悪しという問題では無いのですが、印刷方法、インクの種類、そして専用紙があり、プリンターの説明書に各社の写真用紙を使うことを推奨されるのは、商売上の問題と相性の問題です。厚紙は印刷以外にも多く使われます。しかし厚紙単体で使われることは少なく、何か加工が施されています。それらのほとんどは紙をよく知る方たちの手でつくられています。