厚紙の種類別の厚さの説明と一覧

DIYとゆう言葉が深く知られている中で、文房具や工作についての知識も沢山あればあるほど助かる時代になってきました。これまでは芸術系に進んでいる方や学校での授業でしか触れられていなかった厚紙に関しても大きく注目されています。付き合っているカップルが手作りのフォトブックを渡しあったり、友達の間でも手作りにこだわったり、携帯電話の依存が問題視されている現代にはいい傾向と言えます。厚紙には沢山の種類があり、当然ですが種類ごとに厚さや加工にしやすさ、質感までも種類によって大きく違ってきます。日常でよく目にする名刺などにはアートポスト紙が一般的に使用されていて、若干クリーム色の用紙となっていて光沢がありPP加工で仕上がりも奇麗になるのが特徴です。暑さも約0.2mm前後のものが多いので、ハガキとほぼ同じくらいの厚さになります。

意外と知られていない厚紙の知識

学校で多く触れる事のある、美術の時間で使われる用紙であるケント紙は、厚紙の中でも一番と言われるほど用紙が厚い部類になります。表面が平らで滑らかな為スケッチや製図にも使われますがデザイン系のアナログ作品には大きく使用されています。オフホワイトの強い真っ白な紙が特徴で約0.29mmの厚紙になります。厚紙とは一般的な普通紙に比べて厚く、多くの紙を重ねて5層や7層などの積層構造になっていて、破れにくく丈夫な紙です。お菓子の箱や商品の入れ物に使われているのは厚紙の中でも更に分厚くなり約0.3mm以上の物で板紙ともいわれています。一般的な加工は難しく、板紙にも多くの種類があり光沢がある物もありますが少数派なので他の見た目はあまり変わらないため加工のしやすさが重要視されます。

厚紙の中での板紙の種類について

チップボール紙は雑誌や新聞などの古紙を原料としてできた、低級の板紙です。新聞古紙の中層部と雑誌古紙を加工したもので、抄紙機上で組み合わせた構造の積層紙となっています。紙器、クラフト用として多く使用されています。暑さは約0.6mmからあり、ハガキを三枚重ねた暑さがあります。ダンボール紙は1枚の紙ではなく、「表の紙」「中芯」「裏の紙」の3枚の用紙で構成されています。ナミナミした波型のフルートと呼ばれる紙が「中芯」として入っています。軽さを生かしながら強度を増すことが出来るので紙質が価格に関わってきます。大きく商品のパッケージに多く使われていて、加工はしやすいですが3層の紙で構成されているので見た目の処理は難しいです。厚紙でも沢山の種類があり、用途で使い分ける事が出来ます。ブライダルの際にも名前プレートを自作する方も多くいるので、これから必要になっていく知識ともいえます。